医療ソーシャルワーカーの役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,083
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学でのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療ソーシャルワーカーの役割
    まず、医師や看護師と医療ソーシャルワーカーを、ケアという視点から比較してみたい。医師や看護師は、患者さんの外科や内科における病気の治療、つまり身体的なケアを主にその役割とする。一方、医療ソーシャルワーカーとは、患者さんの社会的問題や心理的な問題の治療、つまり心理的なケアを主に役割とする。かれらは社会福祉士の資格を持つ社会福祉の専門職であり、中には、心理士の資格をもつ者もいるそうである。
    次に、医療ソーシャルワーカーの具体的な仕事としては、①療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助②退院援助③社会復帰援助④受診・受療援助⑤経済的問題の解決、調整援助⑥地域活動、などがあり、患者さんや家族が抱える心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行うものである。
    このような仕事を受け持つ医療ソーシャルワーカーが具体的に活躍する場面を考える上で、がんの末期の患者さんがいると仮定してみよう。がんの末期の患者さんが抱える問題としては、身体的苦痛(病気により日常生活動作が阻害される、他者の援助や介護が必要となる、身体機能の喪失の受け入れ)、精神的苦痛(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。