小中一貫教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数249
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    大学3年次にまとめたものです。レポートの活用および知識としてどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小中一貫教育について」
    小中一貫教育の分類と意義
       小中一貫教育は、従来の小学校・中学校の6・3制の義務教育制度を見直し、一つのスパンとして見ることで、9年間の一貫性・接続性を重視した効果的な教育を実践するためのカリキュラム作り・学校作りを行うことである。
    一貫教育には、具体的な定義が定められているわけではないので、その実施自治体によって様々なタイプの小中一貫教育が行われている。武道学習や英語学習といった特区申請で独自の教育課程を実践しているところや、少人数制、教科担任制といった現行法内で教育課程の調整を行い実践している地方公共団体もある。
    また小中一貫教育を導入する際の制度として、文部..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。