英語学概論第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数217
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    過去に作成したレポートです。みなさんの参考になればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語と日本語広い意味での比喩の構造を比較対照し、両者の違いをデータに基づいて具体定期に論ぜよ。
      本レポートでは認知意味論の主義に立ち、感情にまつわる比喩がどのようにして成立しているのかをメタファーと生理的メトニミーを枠組みにして考察する事を目的とする。
     認知意味論とは、「意味」の構造を自律的・恣意的なものではなく、身体経験などのような日常経験に基盤と関連させた考えた方の事を指す。概念は人々が日常経験で得た知識との関わりの中で構成される。つまり、概念化とは言葉の使い手である人間の解釈を通して行われていると考えられる。
     このようにして概念化された意味は、類似した意味を持つ事物と関連し、そこから新たな意味が発生する事がある。この事を意味拡張と言う。
     この意味拡張は「メタファー」と「メトニミー」の2つに大別する事が出来る。メタファーとは「2つの事物・概念の何らかの類似性に基づいて一方の事物・概念を表す形式を用いて、他方の事物・概念を表すという比喩の事」である(?山 ???)
     例えば、「彼はこの世界ではまだまだひよこだ」という文章と「鶏がひよこを生んだ」という2つの文章があるとする。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。