P6303英文法第2設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数329
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    過去に作成したレポートです。みなさんの参考になればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語のPolitenessと日本語の丁寧表現を比較する事によって、その類似点と相違点を具体例を通して明らかにせよ。
     本レポートでは、日本語と英語におけるポライトネスの概念から日本語と英語をそれぞれ比較し、その相違点と同意点を明らかにする事を目的とする。
     対人コミュニケーションを行う上で必要となってくるストラテジーの1つにポライトネス理論がある。ポライトネス理論とは対話の相手を不快にさせないための言語ストラテジーの事である。リーチは、ポライトネス理論の観点から、円滑な対人コミュニケーションに必要なものとして以下の原則を挙げている。
    ・意味の不確定性
    ・語用論的原則(如才無さの公理、気前良さの公理、是認の公理、控えめの 公理、同意の公理)
     意味の不確定性とは、語用論的観点から1つの文章に2つ以上の意味を含むというものである。このストラテジーを用いる事により、聞き手にとって不愉快な事を円滑に伝達する事が可能となる。
     続く語用論的原則は「如才無さの公理」、「気前良さの公理」、「是認の公理」、「控えめの公理」、「同意の公理」から成る。
     如才無さの公理とは、相手にとって負担となるような事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。