P6303英文法第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数201
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    過去に作成したレポートです。みなさんの参考になればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    5文型と7文型の違いを明示し、英語の基本文型としてはいくつの文型を認める事が適切であるかを具体的な証拠を積み重ねて論じなさい
     本レポートでは、まず英文法における5文型と7文型の成り立ちとその違いについて明示し、そこから英語の基本文型として適切な形について言及していく事を目的とする。
     英語における文型は大きく分けて3つに分ける事が出来る。1つはOnionsが考案した5文型とQuirkが考案した7文型である。そしてもう1つがPalmerにより唱導された20の動詞型である。
     人間の短期記憶能力は5チャンクから9チャンクまでである(1)。この事を踏まえると、Palmerの20の動詞型は実用的とは考えにくい。そこで、本レポートではより実用性の高いものとしてOnionsの5文型、Quirkの7文型に主に焦点を当て、考察を加えていく。
      英語における5文型、7文型は共に文を主部と述部に分け述部の形によって分類を行うものである。Onionsはこの述部の形を「文を分析のために述部型により分類する」として、「述部には5種の主要な型が想定できる」との考え方に基づき分類したものである。以下がOnion..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。