S0101佛教大学 教育原論 第1設題(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数203
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    主にテキストの引用で作成しました。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    はじめに
    ペスタロッチーはフランス革命の混乱の中、農村で孤児や貧しい子供達に、経済的な自立を促すための教育を行った人物である。彼は民衆の教育を念頭に置いた考えを持ち、民衆教育の父と称される。そして、自立を促す実践的な教育を行うことや、貧困によって荒廃した家庭を建て直すことが重要であると唱えた。つまり、しっかりとした家庭生活の基盤ができることで道徳的人間が育つと考えたのである。彼は裕福な家庭の子供だけでなくすべての子供達を教育の対象として、家庭教育の重要性を示した。彼は一貫して人間諸力を自然の法則に従って完全な調和にまで発展させることを教育の理念とし、民衆の救済(社会改革)を実現させていくことを目標としていた。この思想は彼の教育観や実践の中に反映されている。
    教育思想
    ペスタロッチーの教育思想においての特色に、(1)合自然の教育と、(2)直観の教育とがある。前者は彼が精力的に研究したルソーからの影響を受けた教育理念である。しかし、「かれ(ルソー)は自由の限界を見いだしえなかった」として、人間の善性を信頼し大人の手をなるべく加えな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。