Q0705 国際政治学 第2設題 2013 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数614
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ◆参考としてご活用ください。◆
    ◆2013年5月に提出しA評価でした。◆
    ◆第2説題は、テキストのみでの作成は不可能です。◆
    ◆参考文献(3種)は最後に記しています。◆
    ◆参考資料のうち『ルポ貧困大国アメリカ』は経済学概論のテキストで、あとはHPで閲覧可能のものです(アドレス記載しています)。◆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Q0705 国際政治学 第2設題
    ◆参考としてご活用ください。◆
    ◆2013年5月に提出しA評価でした。◆
    ◆第2説題は、テキストのみでの作成は不可能です。◆
    ◆参考文献(3種)は最後に記しています。◆
    ◆『ルポ貧困大国アメリカ』は経済学概論のテキストで、あとはHPで閲覧可能のものです(アドレス記載しています)。◆
    テキスト;『国際政治経済学・入門 第3版』野林 健・大芝 亮・納家 政嗣・山田 敦・長尾悟 著/有斐閣/2007
    以下の政策領域について政治の論理と経済の論理がどのように作用しているのか具体的に論じなさい  (5)移民
    移民の問題が政治(国家)と経済(市場)の相関関係において存在する4パターンのうちどれに該当するか。それは①政経拮抗―経済のグローバル化と国家の自律性追求、国益確保という2つの力がぶつかり、両者の関係(相互作用の中身)は熾烈なものとなる状態。②経済優位―市場のダイナミズムが優位な状態。経済グローバル化がさらに進行し、市場からの圧力を受け、国家は対策を講じるが、結局市場の圧力に譲歩せざるを得ない。③政治優位―「国の優位」をかけた抗争である。市場メカニズムの尊重が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。