Q0705国際政治学第1設題まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキストの必要箇所を箇条書きにまとめました。かなり広めにまとめています。
    私はこれを作成してから不要箇所を削り、文にし、順序を変え、レポートを作成していきました。
    結果はA評価でした。(2013年5月提出)
    テキスト中の太字事項は太字または太字+下線にしています。
    レポート作成の参考・ベースにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Q0705国際政治学;第1設題まとめプリント
    テキストの必要箇所を箇条書きにまとめました。かなり広めにまとめています。
    私はこれを作成してから不要箇所を削り、文にし、順序を変え、レポートを作成していきました。
    結果はA評価でした。
    テキスト中の太字事項は太字または太字+下線にしています。
    レポート作成の参考にどうぞ。
    テキスト;『国際政治経済学・入門 第3版』野林 健・大芝 亮・納家 政嗣・山田 敦・長尾悟 著/有斐閣/2007
    第1設題;国際政治経済学の理論(リアリズム・リベラリズム・マルキシズム・コンストラクティヴィズム)について説明しなさい。
    理論的枠組み
    国際関係における「政治と経済の相互作用」の分析と解決策の検討
      どんなアクター(行為主体)に焦点を当て、どのような角度から見ていくか
       アプローチ3つ
        ①リアリズムの見方(重商主義モデル、覇権安定論など)
        ②リベラリズムの見方(機能主義、新機能主義、国際的相互依存論、国際レジーム(体制)論、デモク
    ラティック・ピース論、グローバル・カヴァナンス論など)
        ③マルキシズムの見方(従属理論、世界システム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。