Z1306教科教育法公民 第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数451
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【教科教育法公民 第1設題】

    ◆私が科目最終試験を受けた時は、この設題がそのまま出ました。(最終試験結果は95点でした)
    ◆テキストをもとに作成していますが、現在教職にある人は経験等を踏まえて、ということでしたので、一部私の自説や経験が含まれています。
    ◆自説や私の経験に基づいた箇所については太字表記してありますので、ご利用の際にはご注意ください。
    ◆あくまで参考としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教科教育法公民 第1設題】
    ◆テキストをもとに作成していますが、現在教職にある人は経験等を踏まえて、ということでしたので、一部私の自説や経験が含まれています。
    ◆自説・経験の箇所については太字表記してありますのでご注意ください。
    ◆あくまで参考としてご活用ください。
    ◆私が最終試験を受けた時はこの設題がそのまま出ました。(最終試験結果は95点でした)
    社会科の歴史や学習指導要領の変遷、「授業とはなにか」、「公民
    的資質」を総合的に考察し、公民科授業のあり方を説明しなさい。
    ―公民的資質―、その前にそもそも「公民」とは何か。「大辞林 第三版」(松村 明編/三省堂)によると、①〔 citizen 〕 国家の政治に参加する権利をもつものとしての国民。市民。 ②律令制下、天皇(国家)の直接支配する人民。口分田の班給を受け、戸籍に登録されて、租・庸・調・雑徭などを負担する義務のある者。貴族・賤民以外の良民のこと。③中学校社会科の一分野。公民的分野。また、「公民科」の略。とある。現在日本史の教員として教壇に立つ身としては、②の律令制における、いわゆる「公地公民」の「公民」の方がなじみ深い。ただ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。