R0713経済学概論 第2設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数267
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【R0713 経済学概論(第2設題)】
    ◆テキストのみで作成しています。
    ◆キーワード、重要なところは太字、太字+マーカーを入れています。
    ◆「移民」の項目については、社会学概論リポートの参考資料として一部流用できると思います。
    ◆あくまで参考としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【R0713 経済学概論(第2設題)】
    ◆テキストのみで作成しています。
    ◆あくまで参考としてご活用ください。
    ◆キーワード、重要なところは太字、太字+マーカーを入れています。
    アメリカにおいておし進められてきた「新自由主義」政策が「貧困大国」を生みだした事態について、災害、医療、教育、戦争という「人のいのち」に関わる四つの領域の実態把握とポイント―教育―
    「貧困大国」を生みだした背景は、実に様々な事象が複合的に重なりあったところにある。そもそも「新自由主義政策」とは、市場原理主義に基づき、低福祉、低負担、自己責任を基本として小さな政府を推進する。そして政策については、均衡財政、福祉・公共サービスなどの縮小、公営事業の民営化、規制緩和による競争促進、労働者保護廃止などを基本とする、大企業に有利な資本主義経済体制ということである。
    これらを紐解く鍵となるのは①「(予算)縮小政策」、②「民営化」、③「競争原理」、④「貧困ビジネス」、⑤「強者と弱者の二極化による格差」の五点である。流れとしては、まずアメリカ政府による①「(予算)縮小政策」を推進するため、②様々な「民営化」という名の業務委託を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。