明星大学 2014年度 PF3070 数学科教育法4 合格レポート(1,2単位目)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数677
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度における明星大学・通信教育課程・数学科教育法4(PF3070)(単位1,2)の合格レポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高等学校第1学年
    数学 (教科書:数学I 数研出版)
    過程 時間 学習活動 指導・支援上の留意点 評価
    導入
    5分 1. 2次関数の最大・最小を復習する。
    ・文章題を学習する前に2次関数の最大・最小
    について前時までの復習をする。
    理解
    2. 2次関数の最大・最小の文章題をグループで
    取り組む。
    問題:100mの長さのひもで長方形を作成する
    が、面積を最大にするには縦横それぞれ何cm
    にするのか?
    ・グループを作る。
    ・配布されて模造紙の左上に考え方を書かせ
    る。
    ・面積の式を作成する。
    - S= x * y => 2元1次方程式
    ・1元2次方程式にするためyをxで表す
    - S = x * ( 100 - x ) => 1元2次方程式
    ・長方形を作成するには縦が2本、横が2本必要
    - S = x * ( 50 - x )
    ・2次方程式が完成したので、問題の面積が最
    大になるのはxの長さを考える。
    - 2次方程式の扱い:平方完成して
    に直す。
    ・25 * 25 と 24*26の結果を比較してみる。
    ・実演する。
    ・この際にxは0<x<50cmとなることを説明する。
    ・この問題でなぜ2次関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。