明星大学 2014年度 PF2040 幾何学2 合格レポート(1,2単位目)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数845
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2014年度における明星大学・通信教育課程・幾何学2(PF2040)(単位1,2)の合格レポートです。
    2016年度も同じ課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2014 年度 PF2040 幾何学 2 1 単位目
    1. 直線 l と l 上の点 A をとる。A を通り l に直行する直線 m を作図せよ。作図の過程を文章で記述す
    ること。また、その作図で得られた m が l と直交していることを証明せよ。
     作図
    (1) コンパスを使用して直線 l 上点 A の両側に同じ距離(AB=AC)となるように点 B,Cを定める。
    (2) 点 B より半径=BC で弧を描く。
    (3) 点 C より半径=BC で弧を描く。
    (4) (2)と(3)の交点を D とし、点 A を通る直線 m を描く
     証明
    △ABDと △ACDにおいて
    AB= AC ,BD= CD,AD= AD
    ∴△ABD ≡△ACD
    ∴∠ADB= ∠ADC
    ∠ADB+ ∠ADC= ∠2R より
    ∠ADB= ∠R
    よって直線 m と l は直交している。
    2. ∠AOB の二等分線を作図せよ。作図の過程を文章で記述すること。また、その作図で得られた l が
    ∠AOB を二等分していることを証明せよ。
     作図
    (1) コンパスを使用して∠AOB の点 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。