最新! 2013年版 S0614 理科概論 レポート 合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,006
ダウンロード数98
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    理科概論
    教科書を中心にまとめさせております。
    参考にどうぞ。

    小学校第4学年の内容「(2)金属、水、空気と温度」(テキスト16ページ)のア、イ、ウそれぞれの自然の事物・現象について、粒子概念を用いて説明しなさい。

     ア 金属、水、及び空気は、温めたり冷やしたりすると、その体積が変わることについて説明する。
    金属(固体)や水(液体)、空気(気体)といったものには、粒子という粒が存在する。この金属(固体)・水(液体)・空気(気体)は、温度が上昇するにともなって膨張するのであるが、これは温度が上昇することによって粒子の運動が激しくなり、粒子間が広がっていくからなのである。反対に、温度を下げていくと、粒子の運動は弱くなり、収縮し、粒子間は狭まるのである。補足として、膨張率は固体が一番小さく、気体が一番大きいのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校第4学年の内容「(2)金属、水、空気と温度」(テキスト16ページ)のア、イ、ウそれぞれの自然の事物・現象について、粒子概念を用いて説明しなさい。
     ア 金属、水、及び空気は、温めたり冷やしたりすると、その体積が変わることについて説明する。
    金属(固体)や水(液体)、空気(気体)といったものには、粒子という粒が存在する。この金属(固体)・水(液体)・空気(気体)は、温度が上昇するにともなって膨張するのであるが、これは温度が上昇することによって粒子の運動が激しくなり、粒子間が広がっていくからなのである。反対に、温度を下げていくと、粒子の運動は弱くなり、収縮し、粒子間は狭まるのである。補足として、膨張率は固体が一番小さく、気体が一番大きいのである。  また、一般的に温度を上げていくと、固体が膨張し、さらに温度を上げていくと液体となり、さらに温度を上げていくと液体が膨張し、さらに温度を上げていくと気体となり、さらに温度を上げていくと気体が膨張するという流れなのである。
     では、このことから金属(固体)について身近な例として、電車のレールをあげる。上記のように金属は熱せられると膨張するわけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。