A評価(2012年):教育相談の研究・学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数306
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年佛教大学 教育相談の研究(学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について)と学校教育職入門(現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。)のA評価レポートです。おまけに教育心理学の第2設題(適応・不適応の心理的機制、またそれから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。)A評価レポートもついております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について
    今日の教育が、単に生徒に勉強を教えるだけで済むというわけにはいかなくなってきた。教師自身が、なんらかの生徒との関係を作り、理解を深めていくことなしには、教えること、授業そのものが成り立たなくなりつつある。現在の学校現場では、不登校が毎年増加していることや、いじめによる自殺が頻繁に起こり、暴力事件などかなり深刻な問題行動が起こっている。子供たちと教師が熱心にかかわりなんとか信頼関係を築こうとしても容易に繋がりを持てない現状がある。突然切れて教師に暴力を振るったりする児童・生徒を教師は、なかなか理解できにくくなっている。学校カウンセリングとは「学校で行われるカウンセリング」ということよりも、もっと深く、個々の子供達を理解し、その個性を尊重しながら教育を行って行く上で、より深い子供達の心の理解が必要となり、さらに専門的なかかわりが求められる事になってきている。
    カウンセリングは大きく分けて二種類あり、治療的カウンセリングともうひとつは、発達援助的カウンセリングである。治療的カウンセリングとは、専門的カウンセリングという言い方もでき、クラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。