A評価(2012年)教育社会学;第1・2設題(S0106)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数211
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本社会経済企業学校学歴社会学文化

    代表キーワード

    教育社会学S0106

    資料紹介

    2012年佛大通信レポートです。所見にて「よくテキストを理解して述べられている」と評価いただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題:学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかついて学力の視点から述べる
    第2設題:学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて
    学歴社会とは、社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会のことである。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、具体的には文化的地位なども含む。学歴社会が進行すると、就職・昇進や結婚と関係した大学間格差や学歴による差別がおこると考えられる。しかし、今日のような様様に批判される学歴社会になる以前、日本は、土農工商のような封建制度下での身分社会であった。効率的な人材養成・登用のシステムを必要とした明治維新の大改革時期にとって、子供が父親と同じ身分に参入しなければならないような身分社会は、適さないシステムであった。国家目標達成のために、幅広い分野で相当数のリーダーが必要であり、求められる知識・技術の水準は絶えず向上していかなければならい。そこで当時考えられたのが、学校という場にできるだけ広い諸階層の子供を集め、一定のルー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。