現代社会と福祉

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数440
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦前、戦後、1990年以降のそれぞれの時期の社会福祉政策の特徴について比較しています。また今後の社会福祉政策の展開について記載しています。 それぞれの時期の国家背景や福祉サービスの提供体制について比較しています。 社会福祉のL字型構造を踏まえて検討しています。(A判定1828字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <戦前の社会福祉政策の特徴>
    日本で初めての救貧制度は、1874年制定の恤救規則である。これは生産活動に従事できない極貧の者に米を給与するという内容のものであった。血縁的扶助の精神を基本とし、それに頼ることができない者を限定的に救済する制度であった。貧困が社会問題になっても公的な救貧制度は整備されず、それを補う形で民間慈善事業団体や宗教関係者による救済事業が形成され、組織化していった。
    第一次世界大戦後の不況下で、国民の社会権を求める勢力が高まる中、救護課の設置や方面委員制度の普及など社会事業が徐々に形成された。1920年代には関東大震災や世界恐慌の影響による失業者の救済として救護法が制定された。これは国家が公的扶助義務を持ったが、要救護者からの保護請求権は認められず、労働能力のある貧困者は適応外にされるなど、本質は権利の存在しない国家責任であった。1938年以降、国民健康保険法や医療保護法等が整備されたが、真の目的は健民健兵政策の強化であり、軍事政策に組み込まれた「戦時厚生事業」であった。
    <戦後の福祉政策の特徴>
    戦後の社会福祉制度については、敗戦とともにGHQの指導の下始まった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。