Z1109 生徒指導・進路指導の研究(中・高) A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数226
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    所見は「生徒指導の定義について、学習指導要領や「生徒指導の手引き」からきちんと引用し、その原理や意義について記述できています。また、中学校および高等学校の生徒指導において、とくに強調すべき点や実際の事例に基づいた指導の留意点なども詳しく記されています。大変秀逸なレポートです。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学・高校における生徒指導の原理および意義は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、生徒指導の具体例を示しながら説明してください。
    『生徒指導の手びき』では、それまでさまざまに解釈されてきた生徒指導の概念を統一し、一定の方向性を示している。そこでは、生徒指導とは学校教育の全般にわたってすべての生徒のそれぞれの人格のより良き発達を目指すとともに、学校生活が、生徒の一人一人にとっても、また学級や学年、更に学校全体といった様々な集団にとっても、有意義にかつ興味深く、充実したものとなるように指導する営みのことであるとされている。
    そして、生徒指導の原理として、自己指導の助成のための方法原理、集団指導の方法原理、援助・指導の仕方に関する原理、組織・運営の原理の4点を挙げている。まず、自己指導の助成のための方法原理においては、自発性・自律性・自主性の促進があげられる。次に、集団指導の方法原理においては、学級や友人関係といった集団における相互作用の尊重や、集団の力の利用、人間尊重・友愛と自由の尊重、規律の維持などがあげられる。さらに、援助・指導の仕方に関する原理においては、特に問題解決..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。