玉川_08914コンピュータ_第2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数244
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    玉川通信数学

    代表キーワード

    玉川大学

    資料紹介

    数学のため、解答に至る方法には様々な方法があります
    この資料もその一つです
    参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)ユークリッド互除法により、2つの正の整数a,bの最大公約数を求める
    (a)割り算の余りを求める関数MOD(a,b)を使う方法
    プログラムは下記の通り
    プログラム実行例
    変数の説明
    a:正の整数
    b:正の整数
    r:a÷bの割り算の余り
    アルゴリズムの説明
    行番号100~150で、a,bには正の整数以外は入力しても先には進めないようにした。実行例でaに負や小数点を含む値を入力した場合を示す。
    行番号160~210で、ユークリッド互除法を用いて最大公約数を求めている。
    ユークリッド互除法とは、aのbによる割り算の余りをrとし、次にbをrで割った余りを・・・・、ということを繰り返しr=0になったときの除数が、aとbの最大公約数を示すものである。
    行番号220~230で、得られた結果を表示して、プログラム終了となる。
    (b)四則演算として引き算のみを使用する方法
    プログラムは下記の通り
    実行例は次の通り
    変数の説明
    a:正の整数
    b:正の整数
    t:a,bの値を反対にする時に使用する一時待避の変数
    r:a,bの差
    アルゴリズムの説明
    行番号100~150は、(a)でも記述したが、a,bに正の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。