玉川_08914コンピュータ_第1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数243
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    玉川通信数学

    代表キーワード

    玉川大学コンピュータ08914

    資料紹介

    数学のため、解答に至る方法には様々な方法があります
    この資料もその一つです
    参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    (a)10進数を2進数に変換する一般的方法とその説明
    一般的方法:
    10進数を商が0になるまで2で割り続け、その余りを商が0となるときを先頭にさかのぼってつなげれば、2進数に変換できる。
    説明:
    まず1つの例として、10進数の13を2進数に変換する。
    余りを新しい順に先頭から並べて
    が得られる。
    2進数への変換時には2で割続けるように、この手法は、△進数への変換時に、その数「△」で割り続けることで、2進数以外にも適用できる。
    △進数を求める時に、その数で割っていくことで、余りはその時点の繰り上げ前の桁の数値となる。割り算により桁上がりを順番にしていくことになるため、最初の割り算の余りが、最下位桁の数値となり、商が0となる最後の割り算の余りが最上位桁の数値となる。
    桁の考え方としては10進数がわかりやすい。
    ここでは、10進数3842を例として示し、10で割り続け余りを求める。
    余りを新しい順に先頭から並べて
    が得られた。
    最後に、一般的方法で得られた2進数が正しいことを数学的に証明する。10進数a1をn回2で割り続け、n桁の2進数を得ること考える。
     ~
    余りを新しい順に先頭か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。