玉川_08905幾何学Ⅱ_第1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数166
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    玉川通信数学

    代表キーワード

    玉川大学幾何学08905

    資料紹介

    数学のため、解答に至る方法には様々な方法があります
    この資料もその一つです
    参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [A]座標変換
    (a)直交座標(x,y)=(√3+1,√3-1)の点を極座標(r,θ)
     直交座標(x,y)と極座標(r,θ)の変換は次の通り
    ここで与えられた数値を代入する
    三角関数の倍角の公式に①②を代入する
    (b)極座標(r,θ)=(√5+1, )の点を直交座標(x,y)
     極座標と直交座標の式に代入
    sinを求めるために、=18°の倍角、3倍角を利用する。
    2θ+3θ=90°であることから、次の式が成立する
    三角関数の倍角、三倍角の公式を代入する
    ここでp=sinθとおく
    この式を因数分解するために、f(p)とおき、p=1を代入する
    これでf(p)は(p-1)を因数にもつことがわかる
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。