国文学概論分冊2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数355
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明治・大正期の文学作品の中から一つを選び、それを熟読・分析する中から、次の課題のいずれかに答えなさい。
    ①「公」と「私」の葛藤から、「近代」とは何かについて考察しなさい。
    ②「男」と「女」とが、どのように書かれるかを見て、「文学」の役割について考察しなさい。
    ポイント →作品をしっかり読んで、それが作られた時代について考える。頭でだけ考えるのではなく、資料を集めて、それに基づいて考えると良い。また、ジェンダー論も大いに参考になろう。
    キーワード →①メディア ②時代思潮 ③作家の環境 ④作品の構造 ⑤政治と文学
    参考文献 →作品は文庫本などで良い。また、国文学関係の雑誌の特集号(廃刊になったものもあるが、既刊のもので有効なものも多い)等を手掛かりとする。斉藤美奈子『妊娠小説』(ちくま文庫)なども面白い視座。

    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成25・26年度 国文学概論 分冊2
    明治・大正期の文学作品の中から一つを選び、それを熟読・分析する中から、次の課題のいずれかに答えなさい。
    ①「公」と「私」の葛藤から、「近代」とは何かについて考察しなさい。
    ②「男」と「女」とが、どのように書かれるかを見て、「文学」の役割について考察しなさい。
    ポイント →作品をしっかり読んで、それが作られた時代について考える。頭でだけ考えるのではなく、資料を集めて、それに基づいて考えると良い。また、ジェンダー論も大いに参考になろう。
    キーワード →①メディア ②時代思潮 ③作家の環境 ④作品の構造 ⑤政治と文学
    参考文献 →作品は文庫本などで良い。また、国文学関係の雑誌の特集号(廃刊になったものもあるが、既刊のもので有効なものも多い)等を手掛かりとする。斉藤美奈子『妊娠小説』(ちくま文庫)なども面白い視座。
     「公」と「私」の葛藤から、「近代」とは何かについて考察する。
     明治・大正期の文学作品の中から島崎藤村「破戒」を選んだ。
     「破戒」は、島崎藤村の長編小説で、一九〇五年(明治三八年)に起稿。翌年一九〇六年三月、緑陰叢書の第一編として自費出版..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。