ShakespeareとShylock―The Merchant of VeniceにみるShakespeareのユダヤ

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数52
閲覧数26
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英文学卒業論文です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    Page
    序論  1      
    第1章 反ユダヤ主義社会
    第1節 被差別の歴史  3
    第2節 高利貸しに対する解釈の違い  9
    第3節 ユダヤ人の経済力の発展      14
    第2章 商人Shakespeare
    第1節 演劇都市ロンドン  18
    第2節 演劇市場におけるユダヤ人  24
    第3節 キリスト教徒の矛盾  31
    結論  38
    注                             44
    参考文献                          47
    ShakespeareとShylock
    ―The Merchant of VeniceにみるShakespeareのユダヤ人観―
    序論
    The Merchant of VeniceのMarchantとは、ヴェニスに住むキリスト教徒の商人Antonioのことである。題名になっている以上、この物語の主人公はAntonioのはずだが、この作品に触れた後、多くの人の心に印象を残すのは、主人公の敵である悪徳高利貸しのユダヤ人Shylockの方である。私自身がそうであったように、ヴェニスの商人はShylockのことを指していると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。