平成20年旧司法試験 憲法第1問

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数163
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第4回
    1、A自治会は、地域環境の向上と緑化の促進を目的とする団体へ寄付するため、自治会費を年5000円から6000円に増額し、その増額分を前記寄付に充てる決議を行った。本件決議は憲法上許されるのであろうか。寄付は、その無償性・非対価性から思想良心の発露の一形態ということが出来る。また、憲法は19条で思想・良心の自由を保障している。そこで、寄付を強制した本件決議は、会員の思想・良心の自由を不当に侵害し憲法19条又はその趣旨に反するのではないか、という問題が生じる。
    2、まず、A自治会は地方自治法260条の2(以下「本条」という)第1項に定める「地縁による団体」の認可を受けたとしても、私的団体であることに変わりはない。そこで、憲法は私人間にも適用されるのか、憲法の私人間効力が問題となる。
     この点、憲法は私人間には適用されない、と考える説がある。確かに憲法は公権力を拘束して個人を守るための法であり、その名宛人は国家をはじめとする公権力である。このことは憲法99条が定める憲法尊重擁護義務を国民が負っていないことからも明らかである。したがって、憲法は私人間への適用を予定しておらず、私人間の規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。