佛教大学 教育原論 レポート 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数178
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。よくまとまっていると評価していただきました。レポート作成の参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。
     幼児期において形成された「習慣」は、生涯を通じて影響を与えることになる。人が教育されるべきものは、その幼児期における「習慣」であり、教育において重要なことは、人がどのような習慣を身につけたかということである。
    ロックは、親たちが幼児期の子どもを教育する際に、子どもをかわいがる余り、子どもに必要な訓練を行なっていないことを嘆いている。このことは、現代にも見られることで、子どもに必要な訓練を行なっていない親たちが増加しており、子どもたちのマナーや、態度が段々と悪くなってきている。なぜ、そのようなことが起こるのか。それは、親たちにとっては、子どもを可愛がっているつもりが、ロックによると、ただ子どもを甘やかしているだけなのである。
    ロックは、幼児期に必要な訓練として、まず一つ目に「精神を正しくすることが教育において重要である」と説いている。精神を鍛錬すれば、自分の欲望を我慢できるようになり、理性が最善として示すものに純粋に従うことができるようになるというのである。
    例えば、服装に関しては、子どもたちに、冬でもあまり厚..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。