学歴社会における子供の学校ストレスに対処する研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数301
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    昔、院試の研究計画書で作成した文章です。良ければ適当にご使用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学歴社会における子供の学校ストレスに対処する研究
    -学力評価活動を中心として-
    研究に至った背景
    今、学校の中で様々な「問題」が起こっていると言われている。学校というコミュニティの構成員である「教師」や「子供」という個人に即して考えてみると、主に「子供」に現れる「問題」としては学習意欲の低下・登校拒否・イジメ・学力低下・無関心・高校中退などが、一方、「教師」に関していえば体罰・多発する精神障害などがしばしば取り上げられる問題といえよう。学校とは本来、学びの努力が自らの内面性の充足・生命の拡充に結びつくような自己実現を可能とする空間であり、自らで価値を判断する能力を育てる教育を行う場であるので、発達途上の子供達にとってこのような行為は必要不可欠であるともいえる。
    しかしこれら子供の問題行動は、もはや社会現象の域に達することにより、子供達個々の「心の問題」として捉えるのではなく、現代の文化的状況の反映として、社会の歪みや矛盾に対して繊細な子供や弱い立場にある子供が敏感に反応した何らかのシグナルと筆者は考えるようになった。そうした問題意識のもと、学校教育現場の正常化という観点から考えると、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。