心理学における学習の理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数316
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学における「学習」とは、電車やバスの乗り方、テニスやスキ-などの運動技能の習得など、経験の結果、行動や知識に変化が起こり、その後に新しい行動を身に付けることである。学習の働きは、私達の日常生活全般に及ぶ。例えば、母親から「お父さんは病院に行って、お医者さんに診てもらってるの。」と聞かされた子供は、「お父さん、注射されたらイタイ、イタイ、可愛そうね。」と病院に行くことを嫌がる。これは、過去の経験から「注射」は痛いものと認識し、回避することを身につけた一つの学習といえる。しかし、ある程度の年齢になると注射を受けれるようになる。これは注射の効能を理解した結果の行動であり、これも学習といえる。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。