算数科指導案 直方体と立方体

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,109
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育実習で実際に行った研究授業の指導案です。
    参考になれば幸いです。

    学年:第4学年
    単元名:直方体と立方体

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科指導案
    指導者     小学校
    教育実習生      
    1.日時       平成○年○月○日(水) 第5校時目
    2.学年・組     第4学年1組(男子9名 女子15名 計24名)
    3.場所       第4学年1組教室
    4.単元名      直方体と立方体
    5.単元目標
      観察を通して直方体や立方体を理解し、見取図や展開図がかけ、面や辺の垂直・平行の関係が分かる。また、平面や空間の位置関係および位置の表し方について知り、平面や空間の位置を表すことができる。
    6.評価基準
     関心・意欲・態度
      直方体や立方体に関心をもち、進んでそれらの性質を調べようとしたり、それらの形を身の回りから探そうとしたりしている。
     数学的な考え方
      直方体や立方体を点、線、面の構成要素から分析的にとらえて性質を考えたり、直線や平面の垂直・平行の位置関係をとらえたりすることができる。
    技能
     直方体や立方体の構成要素やそれらの位置関係をとらえ、見取図や展開図をかくことができる。また、平面上や空間の位置を表すことができる。
    知識・理解
     直方体や立方体の定義や性質がわかる。また、平面上や空間の位置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。