佛教大学 人権(同和)教育 科目最終試験過去問6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,159
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    主にテキストの内容をまとめたものです。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権(同和)教育
    同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
    国連人権教育の定義を踏まえた人権(同和)教育のあり方について論ぜよ。
    人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    部落問題について論ぜよ。
    部落問題解決に向けた近代以降の運動・行政教育などの取り組みについて論ぜよ。
    学校教育における人権(同和)教育のあり方について論ぜよ。
    同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
    「同和教育施策による就学・進路の為の条件整備」が取り組みの中心であった前期に比べ、1970年代後半からの後期20年間は、高校での不調・中途退学問題、大学進学率の格差を抱えながら、7年度以降4年間続いた同和地区生徒の高校進学率の落ち込みを契機とした「同和地区児童・生徒の学力向上」の取り組みが中心であった。
    77年度の「学校指導の重点」で「主体的条件の確立」が明記されたのを始め、以降、「すその学習」の取り組み、中学年対策・個別指導・責任指導体制などが取り組まれる。
    さらに90年度には「同和問題解決の主体者として、社会の様々な分野に進出し自らの個性と能力を発揮し、豊かな生活を築くと共にあらゆる差別をなくす人間として成長する子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。