佛教大学 保育方法論 倉橋惣三の保育方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,152
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『(1)倉橋惣三の保育方法を文中と資料からまとめよ。(2)さらに、テキストで紹介された方法上の思想や実践例から学びとったものもまとめよ(少なくとも思想2つ、実践例2つは取り上げること)。』
     (1)倉橋惣三は日本における幼稚園教育の基礎を築いたといわれる人である。日本で今日までも最も影響を及ぼしているものが、倉橋惣造の幼児教育観である。特に、子どもの自発的な活動の重要性を主張し、ヨーロッパの教育思想家であるペスタロッチやフレーベルの教育論を参考にした、「誘導保育法」という理論がそれである。この理論は子どもの自発的な伸びる力に様々な刺激を与えて、実りある成長に導くよう教育環境をていねいに構築するというものである。
     倉橋惣三が幼稚園真諦の中で述べている。目的なしには一切の教育は存在しないが、目的だけで教育はあり得ない。その目的をどういうふうにして、対象の特質に適応させていくかの工夫があって始めて、そこに教育の実際が生まれてくると。自ら教育を受けようと進んだ考えを持ち、こっちが考えた目的に対して一緒に努力するような心構えは、幼い子どもは持ち合わせておらず、ただ遊び飛び跳ねていたいと思うこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。