佛教大学 体育概論Ⅱ 第二設題 体育実技を指導する者として、ぜひ備えておきたい考え方や資質

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数459
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『体育実技(健康)を指導する者として、ぜひ備えておきたい考え方や資質について具体的に述べよ。』
    教育課程審議会の答申によると、体育科の改善の基礎方針として、「明るく豊かで活力のある生活を営む態度の育成を目指し、生涯にわたる豊かなスポーツライフ及び健康の保持増進の基礎を培う観点に立って内容の改善を図る」としている。心と体を一体として捉え、児童生徒が運動を好きになることや健康的な生活習慣を身に付けることなどを目標としてあげている。
    平成10年度に改訂された体育科の学習指導要領の目標は、心と体を一体としてとらえる指導である。また、「運動に親しむ資質や能力」の育成、「健康の保持増進と体力の向上」、及び「明るく楽しい生活を営む態度」の育成が目標に関連しており、同時に運動を「楽しくできるようにする」ことが全学年を通しての目標とされている。
    幼稚園教育指導要領では、幼児の発達の側面から保育内容を5つの領域別に解説している。「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」である。その中の、心身の健康に関する領域「健康」は、「健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う」観点から示されており..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。