佛教大学 体育概論Ⅱ 第一設題 生涯スポーツへと発展 留意点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数782
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「生涯スポーツ(体育)」へと発展させていくための学校(園)での体育の学習指導上の留意点について述べよ。』
    「生涯スポーツ」とは、幼児期から高齢期まで生涯を通して、誰もが健康で明るく、生き甲斐のある豊かな人生を送るために、それぞれのライフステージ、目的、考え方に合ったスポーツを自分の生活に取り入れ、生涯にわたってスポーツに親しんでいこうとする考え方である。つまり、生涯を通じて関わりを持つスポーツということである。そして、生涯スポーツは、その目的から誰でもが楽しめ気軽に参加でき、レクリエーションや健康づくりのために行う「教養スポーツ」と、身体の能力を極限まで追及する「競技スポーツ」に分けて考えることができる。スポーツを行う上では、勝ち負けも大切な要素であり、その側面が注目を浴びやすい。「勝利至上主義」「優勝劣敗」「弱肉強食」の世界である競技スポーツにおいて、試合に勝って、技術や競技力が伸びているときはとても楽しいし、ますますスポーツにのめり込んでいく。しかし、技術が伸びず負けが込むとスポーツの楽しみも半減し興味もなくなり、そのうちスポーツから遠ざかっていくことがよくある。つまり、生涯スポ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。