佛教大学 保育内容研究人間関係 幼児の園生活におけるかかわり合いを支援する保育者の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数774
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『幼児の園生活におけるかかわり合いを支援する保育者の役割について考察せよ』
    子どもは園生活の中でさまざまな体験を積み重ね、認識を深め、かかわり方を学んでいく。幼稚園教育要領の領域、「人間関係」において、ねらいを以下の3点としている。
    幼稚園生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう。
    身近な人と親しみ、かかわりを深め、愛情や信頼感をもつ。
    社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける。
    これらは、人や物的環境と子ども自らが積極的に関わることで培われる。さらに様々な人間関係を経験することを通して、生きる力を培っていく。したがって保育者は、子どもの発達に応じて人的環境や物的環境といった地理学的環境を子どもに意識・経験させるよう援助すること、そして心身ともに健全な発達を遂げていくことを援助することが必要である。以上のことをふまえながら、幼児の園生活におけるかかわり合いを支援する保育者の役割について考察していく。
    子どもの園での生活の初期においては、例えば私たち大人で言う初の海外旅行のような不安感を子どもたちは抱いていると言えるだろう。子どもにとってはほとんどが未知の体験である。子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。