佛教大学 精神保健 発達障がいについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数195
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学精神保健

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『発達障がいについて述べ、のぞましい養育のあり方について考察しなさい。』
     発達障がいとは、心身の成長発達期におけるなんらかの遅れや偏りが長期的に持続し、そのことが日々の生活や活動に制約をもたらすような状態をさす。現在子どもたちと接している教育者や保育者、そして今後子どもたちと関わりを持つ私たちのような大人は、この発達障がいについてしっかりと理解し、適切な関わり方を考えていかなくてはならない。その発達障がいであるが、大きく分けて3つの種類に分類される。
    発達障がいの一つ目に挙げるのは、経度の発達の遅れや偏りを特徴とする発達障がいの一種であり、聞く、話す、読む、計算する、推論する、など学習の基礎となる心理過程に障がいを持つ「学習障がい(Learning Disoeders:LD)」 である。
    学習障がいは、学習面だけでなく、情緒面での不適応や仲間とのトラブルから問題視されるケースも少なくない。また、運動面での不器用さや集中力のなさ、多動さを併せ持つ学習障がい児も多い。
    また、学習障がいは男子に多く、発症率は女子の3~4倍と言われており、文部科学省による「通常の学級に在籍する特別な教育的支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。