佛教大学 小児保健 第一設第 成長・発達する子どもの特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数451
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学小児保健

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『成長・発達する子どもの特徴について』
     身体がしだいに大きくなって成長していくと、子どもは色々なことが出来るようになり発達する。また子どもの発達は、子どもが自らの経験を基にして、周囲の環境に働きかけ、環境との相互作用を通じ、豊かな心情、意欲、態度を身につけ、新たな能力を獲得する過程であるが、身体的発達、情緒的発達、知的発達や社会性の発達などの子どもの成長における様々な側面は、相互に関連を有しながら総合的に発達する。つまり発達に伴って身体が成長していくので、成長と発達は密接な関係がある。子どもは、身近な人や自然等との関わりの中で、主体的に学び、行動し、様々な知識や技術を習得するとともに、自己の主体性と人への信頼感を形成していく。
     子どもは、それぞれの遺伝的要因に基づき、また、養育条件など環境との相互作用による影響を受けながら成長・発達していく。成長、発達には個人差が大きいが、以下のような六つの原則がある。
    [第一原則]
     成長・発達は連続した現象である。原則としてある段階から次の段階に飛躍することはない。
    [第二原則]
    成長・発達は秩序正しく、遺伝的に規定された一定の順序で進む。例え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。