佛教大学 教育哲学 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数653
ダウンロード数74
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学教育哲学

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育哲学上、重要だと思う人物を一人選び、その思想(理論)の内容を説明しつつ、あなたの見解を述べなさい。』
     ドイツ教育学の古典的人物の一人であるヘルバルトは「哲学者中の教育学者」と呼ばれた。彼は、教育の目的を倫理学に、方法を心理学に求め、教育学を体系化し、その教育学における心情溢れる表現は、他に追随を許さないといっても過言ではないであろうとされた。ここでは、ヘルバルトの教育理論について説明し、以下で設題に沿って私の見解を述べていく。
     ヘルバルトは、徹底的に正確に考え抜かれ、計画的遂行が可能な教育の唯一の全体的課題は、道徳性であるとしている。道徳性のある人間とは、あくまで謙虚であり、自分自身に命令をする存在であり、その命令は意志作用が根源で最初にくるものでなければならない。その命令は必然性を見出しており、その必然性こそが彼の言う「美的必然性」なのである。つまり彼のいう道徳性とは、自分の欲から発する行動よりも、謙虚な気持ちになった時に自分の意志によって自分自身に命令を下し、自身の欲求・欲望から発する気持ちを抑えられるような存在であるとした。ある種、自らの理性をしっかりと保てている人間の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。