佛教大学 教育哲学 第一設題 教育哲学の学問的特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,125
ダウンロード数107
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学教育哲学

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育哲学の学問的特徴を示しつつ、あなたが考える教育哲学の意義・役割を述べなさい。』
     「教育哲学は学問として二つの大きな特徴をもっている。まず一つ目は、教育の理論を研究対象にする学問であるということである。次に、二つ目には、教育の実践問題を研究対象にする学問であるということである。」テキスト7頁より引用。教育哲学とは、さまざまな原理や理念、反省と批判との過程を経ながら、教育の現実問題に対しアプローチをかけていく学問である。ここでは、教育哲学の学問的特徴を示し、設題に沿って私が考える教育哲学の意義・役割を述べていく。
     教育哲学は教育の理論を研究対象にする学問であり、その理論とは、弁証法、現象法、生の哲学、実存主義、社会主義、プラグマティズム、本質学などがあげられる。教育哲学はこれらの理論を教育に生かしていくため、これらが基礎になっている。このような理論を踏まえ、教育哲学はさまざまな教育諸問題を解決していく糸口を示していくのである。以下で、さまざまな教育哲学的な思考方法を考えていきたい。
     現在、時代の進展とともに今のカリキュラムでは授業内容を理解するのに時間がかかってしまう子どもたち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。