佛教大学 教育心理学 第一設題 象徴機能の発生について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数506
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学教育心理学

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『象徴機能の発生について説明せよ。(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)また、教育との関連で大切な点を説明しなさい』
    児童達をよりよい発達に導くためには、出発点としてかれらの成長、発達を理解することが必要である。子供にいま在る発達の水準からかけ離れた課題を与えても、興味を持って積極的に取り組むことはない。かれらが興味を持って取り組む課題が与えられたとき、より高い水準へ上がる可能性が開ける。したがって、よりよい発達へ導くためには、かれらの成長、発達を理解することが大切になってくる。そして、成長、発達を理解することから、個人差に応じた指導方法を考えることが出来る。
     発達に密接に関係するものに象徴機能がある。象徴機能とは、物事や出来事を何らかの記号に置き換えて、それが目の前に存在しない時にも記号によって認識することを言う。子供は誕生時から感覚器官をフル回転させて環境と活発にやりとりしている。環境との感覚運動的なやり取りを通じて外界の認識を形成しているが、乳児期の終わりから対人的やりとりの中で視覚的共同注意や社会的参照の成立に伴い、象徴機能が獲得され内面世界が成立するように..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。