佛教大学 教育原論 第一設題 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数329
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学教育原論

    資料紹介

    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
     ペスタロッチーは、子どもたちに経済的な自活の能力をつけさせ、健全な家庭生活が営まれることによって、健全な家庭生活が生まれ、道徳的な人間が育成されると考えた。彼は、道徳的な人間を育てる基盤として家庭生活の大切さを説き、家庭の教育力を問題視して、学校に家庭的な温かさが大切であるとした。
     ペスタロッチーの教育活動の目標の一つとして、民衆が直面している貧困を解決するということがある。ペスタロッチーは、子どもに自活していく能力がなく、自活していける力を身につけさせれば、貧困の源泉をせき止めることができると考えた。文字を覚え、聖書を読めるようになるだけでなく、自活していくために必要な能力を育てることが必要であるとした。
     もう一つは、家庭崩壊の解決である。彼の時代のスイスは、イギリスやフランスに遅れながらも、産業革命の影響が広がり、農村社会に産業資本が入って、農村は一気に疲弊してしまった。その結果、農民は土地を捨てて小作に転じ、さらに農民の生活が貧しくなってしまう悪循環が存在しており、貧しくなる農民に、自活のための技能を教育によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。