英米文学概論第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数482
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ベイオウルフ』、チョーサー、スペンサー、ダン、スウィフト、ブレイク、テニスン、ワイルド、フォスター、モームについて述べなさい。
    ・『ベイオウルフ』
     イギリス最古の叙事詩である『Beowulf(ベイオウルフ)』は語られるための詩であった。修道士たちが教皇グレゴリ1世の命を受けて、597年に渡来し、キリスト教の伝道にあたった。ここにゲルマン民族の異教精神とキリスト教精神が融合した英雄詩ができた。これは古英語で書かれており、頭韻詩である。頭韻とは同じ行の4つの詩を強調し、覚え易いように強音節を同じ子音または母音で始めるものである。序歌と43の詩歌の合計44の歌で語られる。
    ・チョーサー
     当時仕えていた主人ランカスタ公の夫人の死後、『The Book of the Duchess(公爵夫人の書)』を書いた。これは、詩人が夢の中で男に出会い、この人から亡き妻の美しさを聞き、今は天国で神の祝福を受けているという慰めを与える話で、優しさに溢れた美しい哀歌である。また、ヨーロッパに公務出張を何度もしており、10ヶ月過ごしたイタリアではペトラルカやボッカチオなどルネッサンスの偉人たちと会ったのであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。