英米文学題論題2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数321
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エマスン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、パウンドについて述べなさい。
    ・エマスン
     『Nature(自然論)』を33歳で出版した。これには、真理は経験を超えた直感によって把握されるとする彼の超絶主義の中心思想が述べられている。エマスンは西洋文明及びアメリカ宗教の伝統からも自己信頼により独立できるとし、自然は思想の化身であるとして自然を神の意思の現われと見た。学者の義務として「自己信頼」を説いた演説『The American Scholar(アメリカ人学者)』はアメリカの知的独立宣言書といわれる。彼はコンコード・グループの中心人物で「コンコードの聖人」と呼ばれるようになった。また彼は最も尊敬される講演者であったが、それはどんなに悪事を働いても償いにより救われるとする楽天思想のためであった。
    ・ソロー
     23歳の時から2年間、エマスン家に書生として住み込むが、この時エマスンからすすめられ、書き始めた日記は貴重な記録として残された。1854年に『Walden, or Life in the Woods(ウォルデン-森の生活)』が出版されたが、これはエマスン家所有の森..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。