佛教大学 教育相談の研究 Z1110 Z1118 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数297
ダウンロード数9
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     広義のカウンセリングとは、人が日々生活していく中で様々な悩みを抱えることがあり、その悩みに対して相談をする、または、逆に悩みを抱えている人に対して助言をするということである。専門的な知識がなくても、これまで生きてきた中での経験を生かし、誰にでも可能と言えるであろう。これに対し狭義のカウンセリングとは、現代の複雑な社会の中で、人々の心配事も単純ではなくなり、悩みを解決することは誰にでも可能というわけにはいかなくなった。そこで専門の知識が必要となった。これが現在のカウンセリングになり、世間に広がった。
     そしてこの狭義のカウンセリングには二種類ある。一つは治療的カウンセリングであり、もう一つは発達援助的カウンセリングである。治療的カウンセリングは主に神経症の患者を対象としている。神経症の患者は無意識の方が意識よりも強い行動に出てしまい、自分がこうしたいという意識と無意識の行動が一致せず強い悩みとなり神経症となる。この場合、自我の無意識よりも意識の方が強くなるよう精..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。