S0534 report 佛教大学 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数151
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学通信教育 S0534教育相談の研究のレポートで 下記の問題に関して論述してあります

    学校カウンセリングの意義、方法及び今後の課題について述べて下さい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法及び今後の課題について述べて下さい
    1 学校カウンセリングの意義
    1─1 カウンセリングの必要性
    『現代社会の変容の中で、家庭の教育力や地域の機能が低下するとともに、児童生徒の抱える問題が多様化し、深刻化する傾向も見られる。こうした様々な問題に 対して、学校が対応しなければならない状況になっている。また、社会の変化は、教員や児童生徒にもストレスの増大を招いている。』(*1)こうした状況を受け、学校カウンセリングの必要性が増大している。
    1─2 カウンセリングの性質
    カウンセリングは『その人の人格を統合するための相談や助言』(p.7)することである。『教育は、人格の完成を目指し』(教育基本法 第一条)ているため、教育それ自体が広い意味でのカウンセリングの性質を備えている、あるいは備えているべきである。
    カウンセリングはその対象あるいは目的によって治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングとに大別され、学校カウンセリングでは主に発達援助的カウンセリングを中心に取り扱う。
    1─3 治療的カウンセリングの目指すもの
    カウンセリングのうち不安や抑うつなどのクライ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。