S0101第1設題ペスタロッチーの教育学2012

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数577
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価 約3600字

    参考資料 隠者の夕暮れ シュタンツだより ペスタロッチ著

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    題 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ
     民衆教育の父といわれているペスタロッチーの墓碑に刻まれている言葉がある。
    「ノイホーフにおいては貧しき者の救助者、『リーンハルトとゲルトレート』の中では人民に説き教えし人、シュタンツにおいては孤児の父、ブルクドルフとミュンヒェンブーフゼーとにおいては国民学校の創設者。イヴェルドンにおいては人類の教育者」
    ペスタロッチーの生涯は貧民を救済することに尽くしてきたことで有名である。
    貧民が社会において自分の力で生き抜く術を得るのにはどうしたらよいかを考え、実践していったのである。
    貧困から脱出するには経済的な自活の能力が必要であるとし、その能力とは自主的に正しく、明るく逞しく生きていくことである。道徳的な人間形成が必要であるとした。
    孤児院の設立と時代背景
     フランス革命が起こり、シュタンツには親を失った子どもたちがたくさんいた。ペスタロッチーは当時の文部大臣の要請により、孤児院を開くことになった。孤児院にくるまでの子どもたちは物乞いをしたり、盗みをしたりして生活を送っていた。子どもたちの中には邪推と心配で皺くちゃになった額をし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。