S0504比較教育学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数214
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価、4600字、所見はアメリカと日本の教育について並列的に比較しており分析的。 両国の違いをまとめた考察があれば更に良し。
    参考資料 多分か教育の世界的潮流、概説・西洋教育史、学校制度と社会他

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第1設題 アメリカと日本における社会と教育のかかわりを比較して述べなさい。
    日本の学校制度
    現在日本の学校制度は小学校6年間→中学校3年間を義務教育として存在している。それ以降は高等学校3年、短期大学や大学、他には専門学校等存在している。6.3.3.4制といわれている制度である。 
    また小学校に入学するまでに保育園(0歳~)幼稚園(3歳~)など存在している。学校(特別支援学校や各種学校等含む)には公立学校と私立学校があり、私立学校の割合は約30%である。 
    日本の学校教育の内容
    教科書
    小学校~高等学校までは文部科学大臣による検定を通った図書が用いられている。これらは学習指導要綱に準拠したものである。これらの教科書は一般の書店には販売されておらず、特定の販売所にて流通されている。
    学習指導要綱とは
    全国どの地域で教育を受けても一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省が学校教育法等に基づき、教育課程を編成する際の基準を定めている。学ぶ教科と学ぶ理由が示されている。約10年毎に全面改訂が行われている。
    学区制について
    公立の小中学校の多くは市町村立であることが多く、その住民..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。