教育心理学 第2投題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数137
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    S0105教育心理学

    代表キーワード

    教育心理学S0105

    資料紹介

    B評価4000字
    適応機制が全種類紹介されてない、不適応状況の説明をもっと詳しくと所見にありこの評価です。

    参考資料 教育心理学 杉田千鶴子
           発達心理学入門 久世妙子 他
           おもしろくてよく分かる心理学 林洋一

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学第2投題
    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ
    適応・不適応とは
    人が生きていく為にはその環境に適した行動をとらねばならない。生命の保全だけでなく、欲求を満足させようとして態度や反応を調節していくことを「適応」と呼ぶ。
    環境に対して不適切な行動・反応しかとれていない状態を「不適応」と呼ぶ。
    環境に対して適応できている状態では感情や気分の安定、自己肯定感、ポジティブな周囲からの認識などがみられるが、不適応な状態では気分の不安定・無力感・自己不全感ネガティブな周囲の認識等が挙げられる。
    行動と動機づけ
    人間や動物の行動にはその行動を起こす原因が存在する。
    要求・欲求・欲望・願望・動因・衝動・熱望・動機などがある。
    基本的にこれらを満足させるために人は行動するのである。
    たとえば何かを食べるという行動をするのにあたって、空腹を満たしたいという欲求や願望が存在し、食べ物を得る行動を起こして、空腹という欲求を満たすのである。この行動につながる内的な状態を「動因」または「動機」とよび、その行動を呼び起こす物を「誘因」または「目標」と呼ばれる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。