日大通信 【S30700】交通論 分冊2 H27~28年度 合格リポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,025
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 【S30700】交通論 分冊2 H27~28年度 合格リポートです。(観光まちづくり)
    ※あくまで参考程度としてお使いください。また、丸写し等はお避け下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年、国際間における相互依存やグローバル化がますます進み、観光交流時代が到来している。21世紀の日本経済を牽引するリーディング産業は観光ビジネスと言える。しかし、日本は国際化が大幅に遅れているため、現在観光立国の実現に向け動き出している。
    2014年、地方の人口減少と東京一極集中という問題を関連付け、特に地方創生の為に「まち・ひと・じごと創生本部」が内閣府に創設された。大都市圏から若者らの地方への移住を促進させるための斡旋機能の強化や、都会の若者が一定期間、地方都市を支援する制度作り、将来地方への定住を増加させる対応策が求められている。特に、日本を観光立国へ導くには、地方都市が観光力を高める事が重要である。観光力を高める事が、都市、国家、世界の経済・社会・文化の発展を可能とするのである。そこで、地方都市による個々の観光まちづくりが重要視され、全国各地で具体策が模索されている。
    観光まちづくりには、それぞれの地元固有な独自文化の魅力を見つけ出し、それを観光商品へと高める開発戦略が必要となる。そのため、以下のような特性を踏まえた上で行う必要があると考えられる。①観光まちづくりは、その地域特..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。