日大通信 政治学原論【0210】分冊2 政党の概念・機能及び政党システムの分析枠組について説明しなさい

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数456
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 政治学原論【0210】分冊2 政党の概念・機能及び政党システムの分析枠組について説明しなさい(H25.4~H27.3対応) 合格リポート  ※あくまで参考程度としてお使いください。また、丸写しなどはお避けください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政党の概念・機能及び政党システムの分析枠組について説明しなさい
    18世紀イギリスの政治家バークは政党を、「全員が一致してある特定の主義に基づき、国民的利益を促進するために結ばれた一団」であると定義づけた。この定義は今日でもなお古典的定義として重要性を失ってはいないが、やはり時代的制約を受けている事は否定できない。そこで、より現実に即した定義を考察する必要が生じる。アメリカの政治学者シャットシュナイダーは、政党の目的とその目的を達成する手段によって政党を定義できるとし、そしてこの目的とは権力を獲得しようとする組織化された企図の中に見て取ることができ、またそのための手段は平和的手段、すなわち選挙における多数の獲得であるとした。従って、政党とは、「独自の政治的プログラムを提示し、選挙を通じて議席を獲得することにより、政策決定過程に積極的に参与して、独自の政治目的の実現に努める恒常的組織」であると言えよう。
    現代の政治社会において政党に期待されている役割(機能)は、媒介的機能と啓蒙的機能に大別できる。媒介的機能は、まず第1に利益集約機能がある。利益集約とは人々や集団の提起する個々の要求、利益を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。