日大通信 政治学原論【0210】分冊1 政治権力の概念と構造について論じなさい

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数403
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日大通信 政治学原論【0210】分冊1 政治権力の概念と構造について論じなさい (H25.4~H27.3対応) 合格リポート  ※あくまで参考程度としてお使いください。また、丸写しなどはお避けください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治権力の概念と構造について論じなさい。
    社会は様々な人間の集合体である。政治は社会に存在する様々な異質的対立・矛盾を克服して、統一的秩序を形成することに目的がある。その集合体を秩序づけるためには、相互の理解と協同の行動とを可能にさせる原理が必要となってくる。しかし人間には理性的側面と非理性的側面があり、そのまま人間社会にも反映してくる。したがって、人間社会を秩序づける原理もまた理性的側面と非理性的側面を持つ。権力は人々を理性的に説得する側面としての合理性と、人々に強制を与える非合理性を併せ持つ。こうした神秘的・非合理的側面を権力のミランダと呼び、他方、権力の存在を人々に納得させ、その存続に同意させるような権力の合理的側面を、権力のクレデンダと呼ぶ。ミランダとクレデンダはともに、人間の精神や心理に働き掛けるものである。ミランダは人間の持つ非合理的側面を操作することによって社会的統合を推進させようとする権力の一側面と言える。それに対してクレデンダは、権力の理性的側面を合理的に説明しようとする権力の試みであり、権力の合理化の側面を指すと言えよう。権力は、ミランダとクレデンダを通して人々の奥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。