日大通信 経済学【0024】メディアMA(理解度チェック1~4、最終試験セット)合格レポート 評価S

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,379
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日大通信 経済学【0024】メディアMA 理解度チェック1~4、最終試験セット 合格済 評価S ※あくまで参考程度としてお使いください。また、丸写しなどはお避けください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済学メディア授業 理解度チェック1
     
    1 経済学とは、経済行為と経済現象から法則性を見いだし、理論化を進める学問である。P.A.サムエルソンの定義では「経済学とは、人々、社会がいくつかの代替的用途をもつ乏しい生産資源を使い時間をかけてさまざまの商品を生産し、それらを現在および将来の消費のために社会のいろいろなひとびとや集団のあいだに配分するうえで、どのような選択行動をするかということについての研究である。」と言われている。
    2 稀少性の法則とは、人間の物的欲望は非常に大きいのに対して、これを満足させるための手段と方法は非常に少ないという内容のことを言う。人間の経済行為の原因であり本質でもある。「Aの手段よりBの方法のほうが経済的だ」という言い方は、Bの方がコスト・パフォーマンスが良い、効率的という2つの意味を持つ。両者とも最も合理的な方法を選ぼうとする行動である。私達は稀少性の法則のために選択行動をとっているといえる。
    3 経済学の3分野とは、経済史、経済理論、経済政策のことである。経済史は、過去に発生した経済現象の原因、展開と結果について解明すること。経済理論は、最も抽象度が高く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。