ごみ―身近な環境問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数247
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ごみ―身近な環境問題
    はじめに
    環境問題の解決は、人類の生存のために取り組まなければならない最重点課題である。このような状況にあって、地球上に暮らす人々は、野生生物や自然の保護に無関心でいられるはずはなく、一定の責務を持つのは当然のことである。
    野生生物や自然が、例えば森林伐採や大気汚染など、何らかの人為的影響を受け、それらの存続が危ぶまれる場合、そして特にそれが人類の生存に関わる問題であると認識される場合には、何らかの具体的な対策を考え、実行しなければならない。
    とはいえ、そういったグローバルな問題については、人類の課題として捉えてはいても、自分のこととして引きつけて考えるのはなかなか難しい。そこで本稿では、最も身近な環境問題のひとつである「ゴミ問題」を取り上げたいと思う。
    ゴミの定義
    私たちは、日常生活で必要な商品をコンビニやスーパー、デパートなどで買ってくる。お金を払ってでも欲しいものは、プラスの価値がある。しかし、買ったが不用になったものは必要としなくなり、捨てようと思う。こうなったらその商品は、自分にとっては価値のないものになる。価値がないだけでなく、邪魔になる。目障りになる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。